すぐにお金が必要

フリーターなのにすぐにお金が必要になってしまった!解決方法

フリーター歴5年です。すぐにお金が必要になってしまって困った時の体験談をお話しますね。恥ずかしい話なんですが・・・聞いてください。

フリーターといっても、ほぼ社員のような感じで、自営業の工場で働いていました。社員は3人しかいなくて、他のスタッフたちはみんなアルバイトやパートのおばさんでした。小さな工場なので、お給料は手渡しです。

その日はお給料日で、一ヶ月分のお給料が入った茶色の封筒をしっかりカバンに入れて帰宅したのです。その日は、給料日だし、翌日は休みということもあって、高校時代の友人と久しぶりに飲んで騒ごうということになっていました。

友人3人と会って、いろいろと懐かしい思い出話をしているうちに、最近休みが取れなくて疲れが溜まっていたこともあって、ずいぶん酔っ払ってしまったのです。あまりお酒は強くない方なのに、酒豪の友人たちに付き合い、すっかり飲み過ぎてしまいました。

その後、2次会でまた居酒屋に行きたくさん飲み、カラオケに行ったらしいのですが、あまり記憶がありません。さらに、友人誘いに乗って、生まれて初めて女の子のいるお店にも行ったのです。僕はその時点でずいぶん酔っ払ってしまっていて、適当なことをずっと喋っていたようです。女の子のいるお店なんて初めてだったせいで、さらに興奮していたのでしょうか・・・。

翌日猛烈な気持ち悪さで目がさめた時には、ちゃんと自宅のベッドにはいたのですが、記憶がところどころ抜け落ちていました。フラフラしながらだんたんと記憶を取り戻してはきたのですが・・・ちょっと記憶を手繰ると、血の気がサーッと引いてきました。なぜなら、やたらめったらお金を使った記憶が薄っすらと残っていたからです。

慌てて、昨日の給料袋を覗いてみました。なんと、半分以下に減っています!一ヶ月分のお給料を、一日にして半分も使ってしまっていたのです。いったいどういうことなんだ?!と、パニックになってしまいました。

友人に連絡してみたところ、衝撃の事実が発覚しました。僕は、カラオケでも居酒屋でも、友人に奢りまくって、さらに、女の子のいる店では、ものすごく高いお酒を頼みまくっていたということなんです。僕は昔から酔っ払って気が大きくなるとついついお金を使ってしまうというクセがあったのですが、さすがにここまでは初めてです。

友人にも、「俺たちも止めたんだけどさー、給料日だから大丈夫だって言ってものすごい勢いだから、相当給料いいのかな、と思ってたんだよな」と言われました。10年ぶりに会った友人たちは僕の給料など知るはずもありません。しかし、現実では、貧乏なフリーターなわけです。給料が高いわけはありません。

やってしまったことは仕方ありません。でも、すぐにお金が必要です。だって、給料が入ったらすぐに支払わなければならないものがたくさんありますから・・・。電気代や水道代はもちろんのこと、携帯代やインターネット代も・・・。食費は切り詰めればいいですけど、決められた金額のものは困ってしまいました。とにかくすぐにお金が必要です。

そこで、僕はカードローンを検討することにしました。こんな恥ずかしい失敗を親や兄弟にも言えるわけはありませんから、カードローンなどの会社に頼るのが一番だと思ったのです。なにより、すぐにお金が必要な僕に確実にお金を貸してくれると思いました。

とにかくすぐに融資をしてくれるところを選ぼうと思いました。でも、フリーターですから、審査に通らないかもしれないと、それが不安でした。ですから、フリーターでも融資オッケーと書かれているカードローンを選びました。しかし、残念ながら落ちてしまいました。やはりフリーターだとダメなのでしょうか・・・。焦りました。

でも、僕を救ってくれるカードローンが現れました!カードローンにもいろいろありますが、僕を救ってくれたのは、やはり大手のカードローンでした。大手のカードローンなら、お客さんも多いですし、経営もしっかりしていると思うので、即日融資でも、フリーターの僕にも対応してくれたのかもしれません。また、フリーターにしてはひとつの勤め先に勤続年数が長いこともよかったのかもしれません。他にも借金をしていなかったこともよかったかもと思います。

カードローンの審査に通って本当にほっとしました。これで、光熱費やケータイ代も払えます。一気に支払うのは無理なので、一ヶ月に○○○円というふうに、僕の支払える分の金額を指定することができて、返済も安心です。もう絶対にあんな間抜けなことはしません。カードローンのおかげで本当に生活が救われました。

銀行の融資は金利がお得なの?

融資を受けるとしたら銀行か消費者金融か悩むところだと思います。何となく銀行が良い気がするけど、銀行は審査が厳しいらしいし時間もかかるようだから…と後ろ向きに考える人もいるのではないでしょうか。でも、銀行からの融資ってそんなに難しく考えなくても大丈夫なんですよ。

確かに銀行は消費者金融と比べると審査が難しいかもしれません。ただ、銀行の融資は基本的に金利がお得になっているのは間違いありません。もし銀行からの融資を受けることが出来ればそれだけでメリットがあるんです。銀行からの融資は1つではなく、いくつか種類があります。

まずはプロパー融資ですね。これは銀行が直接融資を実行するというもので、銀行の信頼があるということが何よりもメリットとなっています。保証料などが生じないので金利以上のメリットがあるものとなっていますが、簡単には受けることができないものとなっています。

2つ目は保証協会の保証がついた融資です。これが一般的な銀行からの融資になりますが、信用保証協会に融資を依頼して、信用保証協会が保証できると判断できた場合は銀行などの金融機関からの融資が実行されます。この保証料がかかる分、お得感は薄れてしまうかもしれないですね。ただ、融資を返済していくことで信用を得ることが出来ればプロパー融資を受けることが出来る可能性もあります。

あとはビジネスローンがありますね。ビジネスローンは個人向けカードローンの企業版と言っても良いかと思いますが、その審査スピードが何よりもメリットです。保証人不要というのも特徴ですね。ただ、審査が簡素化されている分金利が高めになってしまいますから、スピードを重視する場合は良いですがお得感は薄れます。

銀行からの融資でも、いろいろな種類がありますから全て金利がお得かというとそうではありません。その種類によって特徴があるのです。ただ、銀行からの融資は何よりも安心感がありますから、まずは銀行から融資を受けることを第一に考えて、審査に落ちいてしまったら次の手を考えるようにしてはどうでしょうか。

消費者金融の利用でマイホームの購入が難しくなるってどういうこと?

消費者金融を利用すると、日常生活に目だった支障が出るという事はあまりありません。よっぽどのことがない限り他人に知られることはありませんし、毎月の返済さえしっかりできていれば、特に困るような問題は起こらないでしょう。ただ、いざ夢のマイホームを購入しよう!購入したい!となったとき、住宅ローンの申し込みをして何故か審査で断られてしまう、なかなか審査に通らない、そういうことがあれば、それは消費者金融を利用していることが原因ということがあるんです。

消費者金融を利用していて、延滞や債務整理などを行っていない、きちんと返済している場合でも住宅ローンの審査に影響が出るなんていうことはあるのでしょうか。実はそれがあるんです。消費者金融を利用している人全てに影響が出るという事ではありませんが、消費者金融を利用しているとお金に困っている人、というイメージをどうしても与えてしまうんですね。

ただ、消費者金融を利用してしっかり完済していれば、信用できる人というイメージを与えるということもあります。これは住宅ローンを取り扱っている銀行によりますので、完済していてもお金に困ったことがあることが事実である以上デメリットになる可能性も十分にあるので、一概には言えないんですね。

そうは言っても、消費者金融の利用から5年以上経過すれば、住宅ローンの審査への影響については心配する必要がなくなります。それは、消費者金融の利用記録である信用情報の登録期間が完済後5年となっているためです。現在も利用しているということではなく、過去に問題なく利用していたという事であれば、5年経過すれば情報は削除されますから特に影響が出ることは無いでしょう。

街金の返済が大変…弁護士って簡単に相談できるの?

街金を利用したのは良いけど、気づくと利息が膨らんでしまってものすごい金額になってしまっている、ということはあり得ない話ではありません。借金を返すために新たな街金を利用してしまうことは避けなければいけないのですが、仕方なく手を出してしまって更に借金額が膨らんでしまっている、という人もいるでしょう。やはり弁護士に相談するのが確実だとは分かっているのですが、なかなか相談する勇気が出ないというのも分かります。弁護士って簡単に相談することが出来るものなのでしょうか。

弁護士への相談、ちょっと難しいイメージがありますが、実は簡単に相談することができる機会が設けられているんです。まず、各地方自治体が主催している法律の無料相談会がありますね。借金以外にも相続や人間関係のトラブルなどの相談も行っているので、借金に強い弁護士にあたるかどうかは行ってみないと分かりません。そこが少し難点ですが、専門家に相談することが出来るということで一度行ってみるのも良いと思います。地方自治体によっては、借金問題のみを対象とした法律相談を行うこともありますから、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

あとは弁護士事務所などに連絡をとって相談する方法があります。でも弁護士事務所なんて知り合いがいるわけではないし、数も多いしどこを選んでよいか分からないと不安になりますよね。そんなときは、まずはインターネットで検索をして電話相談、メール相談を行っている弁護士事務所を探してみましょう。借金に特化した弁護士事務所というのは意外と多いものです。そして、電話やメールでの相談であれば、自分が住んでいる場所は関係ありませんよね。

ただ、いずれにしても初回の相談のみ無料、となっている場合がほとんどです。相談する前には、自分の借金がいくらある、何社ある、金利はいくら、いつから返済している、などの情報をすぐに話すことが出来るように、自分の状況をしっかり確認しておきたいですね。

レイクを家族に内緒で利用するにはどうすれば良い?

レイクを利用しようかな、と考えているときにちょっと気になるのが、家族に内緒で利用できるかどうか、という事だと思います。もちろん、家族とお金を借りる相談をしたうえで利用するのが好ましいですが、なかなかそういうわけにはいかない場合もありますよね。そういう状況の場合、レイクを家族に内緒で利用することって出来るのでしょうか。

レイクを利用するにあたって、レイク側が家族に連絡をする、利用について知らせるということはありません。基本的に連絡を取る時には個人名で連絡するようにしますし、自宅へ連絡するのも伝えてもらった携帯電話などの連絡先に連絡がつかない場合だけですから、安心して大丈夫だと思います。ですから、レイクから連絡が来た場合は無視せずにきちんと電話に出るようにしておきたいですね。もし出ることが出来なければ折り返すようにしてください。レイクの電話番号を登録しておくと良いと思います。

申し込むときにもインターネットで申し込んで自動契約機でカードを受け取れば、特に家族に知られることは無いと思います。カードでの引き出しではなくインターネットでの即日振込み依頼をすることも出来ます。この方法であれば安心して利用出来ますよ。

ただ、延滞してしまった場合はどうしても自宅へ連絡がきてしまうことがあります。もし返済に遅れてしまいそうだというときは、事前にレイクに連絡をして、いつなら返済できるのかを伝えるようにしましょう。うっかり返済を忘れてしまった場合は、携帯への連絡がきますから、きちんと受けるようにしておくと安心できます。

中央リテールからの借り入れ、評判ってどう?

中央リテールはローンの一本化で有名な会社です。複数のところから借り入れをしている場合、それを一本化することで完済時期を明確にして返済計画の見通しが立つ、借り入れ先が1つになりますから返済も月に1回だけ、そして、利息分がお得になればその分支払総額が減る、といったメリットが出てくるんですね。

中央リテールの借り入れ、一本化は融資まで最短で1日、金額も最大で500万円、返済期間も10年までと、とても良い条件になっているのですが、実際利用している人の評判はどうなのでしょうか。

中央リテールの口コミを見ると、なかなか良い評判が多いようです。その中でも多いのが、担当者が国家資格を持っていることで安心感があるということです。中央リテールの担当者は、全員が貸金業取扱主任者という国家資格を持っています。通常、貸金業を営業する際には、その店舗に必ず1人はこの資格を持つ人がいなければいけないという決まりになっているのですが、中央リテールは全員がこの資格を取得しています。つまり、どの担当者に当たったとしても全員が有資格者ですから安心して相談することが出来るんです。

また、申し込みをする際に気になるのが審査に無事に通ることが出来るかどうかという事だと思いますが、中央リテールはホームページでクイック審査をすることが出来ます。ここでお試し審査を受けることが出来るので、正式な申し込みをする前にチェックしておくと安心できると思います。

ただ、良くない評判もあります。それが債務整理を行っている状態であれば申し込んでも審査に通らない、遅延した時には遅延損害金が大きいといった内容のものですね。債務整理を行っているようなブラック状態での申し込みであれば、中央リテールではなくても断られる可能性が高いですし、遅延すると多かれ少なかれ遅延損害金はかかってきます。申し込むときは、返済に遅れないようにするということを約束して利用しているわけですから仕方ない部分があります。特にデメリットという事にはならないでしょう。

親がお金を借りるとき、子どもに影響があるのはどういう場合?

親がお金を借りるということはあると思います。交際費、医療費で出費が重なってしまう時期があれば仕方がない事ですよね。ただ、その借りた金額が積み重なって大きくなってしまったら心配ですよね。親が借りたお金に対して、子どもに影響が出てきてしまうことはあるのでしょうか。

もし親が借りたお金に対して子どもが保証人や連帯保証人になっていれば、当然影響がゼロというわけにはいきません。連帯保証人であれば、親と同じ債務を負うことになっていますから、親が100万円借りているとすれば、子どもも100万円借りている、ということと同じになってしまうんです。親が返済できないと判断されれば、子どものところに取り立てが来ますし、それを断ることはできません。

ただ、保証人だったら少し状況が違ってきます。保証人は、親が借りたお金を返済しなければいけなくなる可能性はありますが、それは親の資産がゼロ、つまり完全に親に返済能力がなくなってしまったときからの返済義務になります。それまでは取り立てが来たとしても親から返済してもらってほしいと言って断ることが出来るんです。

では、保証人にも連帯保証人にもなっていない場合はどうでしょうか。その場合、子どもが返済する必要はまったくありません。親に頼まれて手助けするという事は自由ですが、取り立てが子どもに来たとしても支払う義務はありませんし、子どもに取り立てること自体が違法行為です。でも、自分の意思で返済するのは自由ですから、返済してしまえば再度取り立てに来る可能性があります。これからも返済する気がないのであれば1度でも返済しないことが大切です。

お金を借りる彼氏からお金を返してもらう方法?

友人・知人関係でお金の貸し借りをするときに気をつけなければいけないのは、いつ返すかということをしっかりと決めておくことです。でも、親しい関係であればあるほど、その取り決めがあいまいになってなかなか返してもらえない、ということになってしまうことがあります。恋愛関係であれば尚更です。自分からお金を借りる彼氏がなかなか返してくれない、そんなときもなかなか言いづらいですよね。でも、金額が大きくなって来れば、ますますお金を返してもらうのが難しくなってきますから、少しでも早く手を打つ必要があります。

彼氏からお金を貸してほしいと言われることがあれば、まずは「いつまでに返してほしい」という期限を明確に決めるようにしましょう。「いつでも良いから」が一番いけません。期限を決めた上で、その期限に返せないようであれば「いつまでにいくら返す」ということを再度しっかり決めるようにします。

出来れば借用書のようなものを作成することが好ましいのですが、恋愛関係にある彼氏に借用書にサインしてもらうということは難しいと思いますから、口頭だけでも構いません。その際、いくら貸したかということはお互いに分かる形、メールなどでしっかりと残しておくことが大切です。ただ、返済がいつまでもされないと言った場合は、きちんと借用書の作成をすることを検討した方が良いですね。

借用書を作る段階になると、その恋愛関係を終わりにしても良い、というある程度の覚悟が必要になってくると思います。それで壊れるような恋愛関係であれば仕方ないかもしれません。ただ、貸したお金はしっかりと返済してもらわなければいけませんから、必要があれば法律無料相談に行ってみるなどしてみてくださいね。

公務員が利用すると得するローンがあるってホント?

公務員は安定した職業で不景気になると職業人気ランキングで上位になってくる、そんなイメージがあるのではないでしょうか。公務員ということで優遇されることっていくつかあるのかもしれませんが、ローンも公務員が利用すると得をするようなものってあるのでしょうか。

公務員が利用すると得するローンというか、公務員を対象としたローン商品があります。他の同様商品と比べると金利が低くなっているのが特徴ですね。公務員ローン、公務員カードローンなどがあり、各地方銀行などで取り扱われています。

この公務員ローン、公務員カードローンは公務員のみを対象としていることは当然ですが、公務員のみではなくその地方の大手企業で勤めている人を対象としていることもあります。ただ、公務員ローン、公務員カードローンを申し込んだ際にも通常のローン申込みと同じように審査を受けなければいけませんし、保証会社の保証を受けることが条件となっていることが多くなっているんです。そのため、金利に保証料が含まれた形で利用することになります。

通常、ローンやカードローンを申し込むときに必要な書類として身分証明書や収入証明書がありますが、公務員ローンの場合は公務員であることを示す書類がひつようになります。共済組合員証や職員証などですね。公務員になって1年以上勤務していることが条件になっている場合もありますから、事前に必要なもの、申し込み条件について確認しておくと良いでしょう。

プロミスで増額融資をお願いするときはどうすれば良いの?

プロミスを利用していて、ちょっと今の限度額じゃ物足りないな、と感じる人もいるのではないでしょうか。そういうときは増額融資をお願いしてみましょう。でも、増額融資ってどうやって手続きをすれば良いのでしょうか。

増額融資をお願いするときは、まずプロミスコールまで電話連絡をするようにしてください。そこで担当者に増額融資について問い合わせることになります。もしくは、プロミスの会員ページに「限度額変更申込」という項目がありますから、そこから申し込むことも出来ます。ただ、申し込んだ後は新規で申し込みをした時と同様な審査を受けることになります。

この際、増額の希望金額を伝えることになりますが、その希望金額が総量規制以上の金額だと認められることはありません。総量規制の範囲内で申し込むようにしましょう。

また、現在利用している融資分について返済に遅れてしまった経験がある時は、審査に通るのが難しくなってしまいます。増額が認められるのは、あくまでも利用を継続していく中で信用を築いていくことができた人のみです。少しでも信用できない部分、不安要素があれば増額融資を受けることは難しいんですね。

プロミスを申し込んだ当初は、利用限度額が低めになっていることが多いので、増額申請を行うことは珍しい事ではありません。ただ、信用が何よりも大切ですので、毎月しっかり返済していること、利用してから半年、もしくは1年以上経過していることが条件となってきます。増額融資を考えているのであれば、日々の利用を気をつけるようにしましょう。

消費者金融のレイクは安心して利用できる?

レイクはテレビCMでも目にすることがありますから、消費者金融の中でも知名度がある会社ですよね。でも消費者金融ってなんか心配・不安…という人もまだまだ多いと思います。レイクって安心して利用することはできるのでしょうか。

レイクは以前は消費者金融として営業していたのですが、現在は新生銀行のカードローン商品名となっているんですね。つまり、レイクは銀行の商品であって消費者金融ではないんです。レイクは消費者金融として営業していましたが業績が悪化したために新生銀行に売却され、消費者金融事業も新生銀行が引き継ぐことになったんですね。

銀行の商品ということであれば、安心感もだいぶ違うのではないでしょうか?銀行の商品になったので、もちろん総量規制の対象にはなりませんから年収による借り入れの上限がありません。そして、銀行の商品ではありますが消費者金融時代の利用しやすさはそのままになっていますから、申し込んでから利用までが最短1日!というスピーディーな利用もすることが可能なんです。

心配する点として「怖い取立て・督促があるんじゃないか」という点もあると思います。この点については、しっかりと法律で禁止されている行為がありますから安心して大丈夫です。特に新生銀行という銀行の商品であるレイクですから、法を犯すような取り立て・督促をすることはありません。連絡先として登録されている携帯電話などに連絡をしても繋がらないときに初めて自宅や勤務先に電話がくるようになっていますし、その際もレイクということは名乗らずに担当者個人名で電話をしてくれます。

自宅や勤務先に訪ねてくるなんて言うことはそうそうありません。電話で連絡がつかない、度重なる返済要請に応じない、となってからになりますし、家族や知人に借金内容について伝える事もありません。これらは全て法律でしっかりと規制されているんです。

レイクは新生銀行の商品です。安心して利用することが出来ますから、まず借り入れ診断や返済シミュレーションをして利用を検討してみてくださいね。