バンクイックの審査に落ちた!どうして?

バンクイックの審査に落ちた!どうしてなの?

バンクイックは銀行のカードローンですから金利も低い、安心できる、総量規制対象外、なんていうメリットが多いので、利用したいという人は多いと思います。ただ、利用したいと思った全員が利用できれば良いのですが、申し込んだら必ず審査を受けなければいけないんですね。そして、審査で落ちてしまう人もいるんです。バンクイックの審査に落ちた!という人は、どういう理由で落とされてしまったのでしょうか。

まず申し込み内容に嘘の記載がある場合は審査に落とされてしまいます。例えば年収や勤務先ですね。年収が多い方が審査に通るだろうからと実際より高い金額を記載して申し込む、勤務先・職業を正直に書くと審査に落とされるかもしれないから偽っておく、自宅住所など連絡先を偽る…。簡単にばれることはないだろうと思うかもしれませんが、希望する金額が100万円を超えれば収入証明書が必要になります。源泉徴収票や住民税納付書を提出しなければいけませんから、収入や勤務先の嘘は発覚してしまうんです。

また、身分証明書で健康保険証や運転免許証の提出も求められます。健康保険証は氏名や勤務先、所属する保険組合が分かってしまいますし、国民健康保険証であれば世帯主も記載されていますね。住所を偽ることはほぼ不可能だと思います。バンクイックのカードが郵送されてくる場合、記載した住所に郵送されることになりますから、偽っていたら受け取ることが出来ませんしね。

あとは、借り入れを希望する金額が収入に対して大きすぎる、他社からの借り入れが多すぎる、なんていう場合も審査に落とされてしまいます。返済することができるか不安だと思われてしまうことが原因です。

他社から借り入れをしていて必ず不利になるという事ではありませんが、その借り入れが返済できていない、債務整理を行っている、という場合は審査に通ることは不可能だと思っておきましょう。銀行のカードローンの中で、比較的審査に通りやすいとされているバンクイックですが、返済に不安がある人には貸してくれません。

バンクイックでの審査は、他の銀行や消費者金融と特に大きな違いはありません。それぞれの審査項目での基準に違いはあると思いますが、バンクイックだけ特別厳しい条件がある、他とは違う審査項目がある、ということではないんです。正直に記載する、他に借り入れがあればきちんと返済する、当たり前のことを当たり前にしておくことで、審査に対してそこまで不安に感じる必要はなくなりますよ。