融資と貸し株って何?どう違うの?

信用取引をするときの融資と貸し株って何?どう違うの?

将来の為に今ある資産を出来るだけ増やしたいと考える人は多いと思います。もし手元にある程度の資産があるようであれば、信用取引を検討するという人もいるのではないでしょうか。信用取引とは、証券会社に資金や株券を預けることで資金を調達するというものですね。この資金は基本的に株の売買に使用します。この信用取引を行う時に、「融資」と「貸し株」という言葉が出てくるのですが、この言葉は同じ意味なのでしょうか?それとも何か違いがあるのでしょうか?

まず、信用取引で言うところの融資は、証券会社を通して金融機関からお金を借りるという事ですね。このお金で株を購入します。

では貸し株とはどういう意味なのでしょうか。貸し株とは、証券会社から株を借りることで株を売って取引を行うことが出来るというものです。本来であれば、株を自分で持っていないと株取引を行うことはできませんよね?自分の持っている株を売ったり、新しい株を買ったりすることで利益を出していきます。でも、自分で株を持つという事は大変ですよね。貸し株であれば、証券会社から借りた株で株取引を行うことが出来るんです。

貸し株には他にもメリットがあります。まず、貸し株でも配当金を受ける権利を得られるという事、そして貸し株金利と呼ばれる金利を証券会社からもらうことが出来るという事です。また、株を持っていることには変わりませんから、株主に対するサービスを受けることが出来ます。

普通は安く買った株を高く売ることで利益を出すのですが、貸し株では手に入れた株を高く売って新たな株を安く買うということになります。どちらにしても、信用取引には相応の知識が必要になりますから、無料で行われている講習会などに参加してしっかりと知識を蓄えるようにしてください。