カードローンって個人事業主も利用できる?

カードローンって個人事業主も簡単に利用できる?

カードローンって聞くとどうしても個人が利するもの、というイメージがあると思うんですが、個人事業主が事業費用として利用できるカードローンもあるんです。でも事業費用ということで申し込む場合、簡単に利用できるのでしょうか。

個人事業主が事業費用として申し込む場合でも、カードローンの申し込みが簡単で比較的利用までの時間が短くて済む、というメリットは変わることはありません。急いでお金を用立てなければいけない、返済できる見通しが立っている、という場合は、カードローンはオススメの借り入れ方法ですね。

個人事業主が事業費用としてカードローンを利用する場合、事業用カードローンを利用することになります。よく知られている個人向けのカードローンは、事業費としての利用が出来いないものがほとんどです。事業費用であれば事業用カードローンを申し込むようにしなければいけません。

事業用カードローンと個人カードローンの申し込み時の違いは必要書類です。事業費用ということですから、その事業での収入や事業が本当に行われているかということを確認されるんです。確定申告書などの収入証明書類はもちろんですが、発注書や納品書、請求書など実際に事業が行われていることを示す書類の提出を求められることが多くなっています。

事業用カードローンですが、生活費として利用することも出来るので使い勝手は良いと思いますよ。ただ、カードローンですから限度額は最大でも300~500万円程度とそこまで高額な借り入れはできません。高額な借り入れが必要になるのでしたら、やはり銀行へ融資をお願いした方が良いかもしれませんね。